×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

赤い糸(3)

家永にそそのかされ、風俗店へ足を踏み入れた誠。
ソープ嬢の名刺を発見してしまった明美はショックを受け、家永の前で取り乱してしまう。
家永と共に、誠の後を尾け、明美は誠がソープ嬢が会っているのを目撃してしまう。
家永とホテルに来てしまった明美だったが…!? 愛し合う二人の結末は?奥州藤原一族四代をテーマに描く本格歴史ロマンの傑作編!天平二十一年(749)、陸奥の国から黄金が出た。
平泉は初代清衡以来、鎮守府将軍の三代秀衡と繁栄を続けた。
源九郎義経も身を寄せ、神無木式部とも知り合うことになって…。
こんな男が日本にもいたのか…!?キリシタンの司祭オルガンティーノも舌を巻いた!”天下布武”の野望を抱いて、戦国の天下を震撼させた織田信長。
”大うつけ”といわれるその奇矯な行いの裏に、緻密な知略と大胆な決断、そして不敵な行動力を隠して、おのれの野望の構築を賭けて大乱戦国の世を駆け抜けた風雲児・織田信長の全生涯を描いた時代長編作!合戦場の死人から腹当を剥ぎ盗っていた藤吉郎は、火付け・強盗・略奪・人殺し、なんでもやることを条件に、一椀のめしにありつくと同時に、野盗蜂須賀小六の子分となった。
そして数日後、蜂須賀小六の弟分で、実は父が歴とした武士で、本名を石川五右衛門宗郷という文吾と知り合った。
ここから尾張中村生まれの流れ者藤吉郎の人生は転変する!”太閤”とおのれを敬称で呼んだ男、豊臣秀吉の型破り人生を描く傑作長篇!「ぼくは本当はだれに作られたの?」 メトロシティの中心科学省。
 アトムはここでなぜ――どうやって誕生したのか、これはそれをひもとく秘密の物語…。
 その頃、天馬博士とお茶の水博士は科学省の中で協力しあい、ロボットを開発していたのだったが…。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60005328